本部をはじめいろいろの方から、このホームページの裏話も紹介しなさいと言われていますので、一つだけご披露します。

 旭日の軍艦旗の美しさは世界一である。

 戦後海上自衛隊の自衛官旗を制定しようと、「海上で隊員の士気を鼓舞できる旗で、旧海軍と違うもの」という注文で米内画伯にデザインを委嘱し、同画伯はこれを引き受けたが、同画伯は熟考の後、しばらくして旧軍艦旗と全く同じものを描き上げ、「これ以外にはありません。」と提出した。これが自衛官旗の由来と伝えられている。

 青空を背景に翩翻と翻る軍艦旗を仰いで、我々は絶えず感銘を受けてきたが、そのデザインの芸術的完璧さは、これを制式通りに寸法を取って紙の上に描いてみたことのある人は、その理解が更に一段違うと思っている。

 このホームページのトップページの軍艦旗は、当初、どこかから切り取って貼り付けようと思っていた。しかし、正確に制式通りのものがなかなか見つからなかった。そこで細かく座標を計算の上、パソコンの画面上で仕上げたのがこれである。

 風下側の光条三本の端が旗の隅と微妙にずれている。上下五本づつの光条の端が旗竿側の隅とこれまた微妙にずれている。この全体のバランスが、「これ以上のものはあり得ない」究極の構成美を現わしている。

 これらの点にもう一度目を向けていただきたい、と願っている。

(文責  水 谷   弘)

談話室目次へ戻る

軍 艦 旗 

談話室目次へ戻る