御楯橋をわたって 総目次へ戻る      執筆者五十音別索引へ 

 

 

寄稿文 目次(合計一五四篇)  各項目毎分隊順五十音順

○=三号時分隊

( 筆者のうち寄稿後亡くなられた方については、寄稿文の末尾に永眠年月日を付記しました。ご冥福をお祈りします。)   

 

一 私と海軍経理学校

 まさかの海軍経理学校合格    @ 北川  昭 

    海軍経理学校志願の動機と雑感  @ 島田 朝雄 

    海軍思い出すままに       @ 中村 誠一 

    空襲下の「臨死体験」

    ―海軍病院で見た大戦末期の実相―@ 横井 忠俊 

    三七期五百一人目の誕生物語   A 市川 和夫 

    海経の十カ月を思う       B 伊藤  孝 

    海経さんよ ありがとう!    E 唯野 典男 

    受験から入校前後        E 中田 武志 

    食いものうらばなし       F 石坂 和夫 

 分隊日誌            F 福川 辰郎 

 海軍経理学校の思い出      G 北浜  進 

 海軍経理学校思い出のお宝など  G 佐久間眞城 

 リベラルな海軍

―海軍経理学校での一体験―   G 増田  宏 

 鬼の十一分隊の思い出      J 小川  浩 

 我が青春のモノローグ      J 熊澤  宏 

 私にとって「海経」とは?    J 小西 博雄 

  垂水の未完成交響曲       J 水沼 靜一 

 海軍と私            K 小川 泰夫 

 思い出すことども        K 小林 茂夫 

 海経と私―今だから話そう    K 本田 親克 

 昔はものを 思はざりけり    N 鈴木 安孝 

 海経の思い出          N 西島 良成

 生徒生活中の最大の試練     P 永原  實

 最後の海軍経理学校生徒生活に想うP 矢澤 郁男

 五百人目の三七期生徒      Q 森  保治

 

二 私の戦中、戦後

    私の戦中、戦後         A 島  宏一

    六十年の回想

     追記 明治四十五年の写真帖  A 藤陵 嚴達

    六年目は大事な節目の年でした  A 村上 孝次

    海経入校前史と入校後の思い出  B 佐藤 順一

    青春の岐路           B 浜井 章三

    私のノース           B 堀田 道昭

    海軍経理学校の記念碑      C 菊地善一郎

    私と帝国海軍          D 今村 俊雄

    海軍と小生           D 米川 義之

 弥縫録から           F 寺井 正芳

 海経の思い出とその後      K 廣川 東一

 海経入校前から医師への道    M 佐多 和秀

 海軍と私の戦後         M 藤井  勝

 短剣少年時代抄         N 川内 利一

 わが人生の思い出(自分史)   N 鷺ノ森正也

 終戦秘話            P 永原  實

かにして農芸化学者になったか    

―高校生の君たちに―      P 山本  出

 海経よ有り難う         Q 青木  昭

 

三 戦後を顧みる

    奨励金五百円の話題にまつわる思い出@岩田  章

    土木技師として         B 千葉  公

    いつか来た道          B 寺尾 忠和

    一教員のささやかな回想     B 本瀬 岩尾

    人生航路            B 山崎 四郎

    回 想             C 阿部 虎男

    沈黙の海軍           C 石原  実

    一週間遅れの帰省        D 笹谷 道男

 三つの碑(いしぶみ)に寄せて  D 佐藤 守雄

 終戦、そして戦後        F 堀田  穰

 海軍経理学校出身の経歴で!   G 堀之内 功

 海経で学んだ外国人       K 島田 敏夫

 秋の日独り           K 田中 三郎

 戦後の米作り体験        K 牧野  孝

 戦後生活三題          L 駒井 寛治

 高温多湿の坑内現場の思い出   L 鈴木 昌信

 我が人生、悔いのあるなし    L 坂東 玲芳

 終戦の思い出          M 立花 士郎

 ひとりぼっちの夏        M 田中 久生

 末尾の分隊のその又末尾の一生徒の戦後報告   

                 Q 尾木 竹七

 

四 わが生涯のなかで

    賢兄・愚弟           B 地 光雄

    六十年の回顧と雑感       B 武  和久

    肺の手術を受けて        E 網代 嘉一

    男の生涯            F 久米 孝彦

    私を語る(海経入校前後の回想) J 菅沼 精一

    誘拐 キッドナッピング     K 島田 敏夫

    わが生涯のハイライト      K 中村 方寿

    再び「友へ」          M 榊原 秀雄

    生家の周辺           M 橋場 昭二

 晩年の病気           O 川村 忠友

 肺結核手術こと始め

    ―それは局部麻酔で始まった―  P 伊富貴徹二

 想い出と人々          Q 田 浩二

 

五 先人・友 を語る

    山の鎮魂歌           A 大岩 三夫

    思いつくままに         C 西尾 邦彦

    我が誇り海軍経理学校      D 小方 哲夫

    足立教官のこと         F 田中  明

    特殊潜航艇 九軍神       F 渡辺  健

経校の思い出

―十二分隊会の交遊を中心に―  K 柴田 昭朔

    一期一会            K 弦巻  修

   「ブーゲンビル戦記」に寄せて

―故藤本威宏海軍主計大尉未亡人に捧ぐM 橋場 昭二

    十五分隊の四人組        N 水谷 浩二

 

六 所感、随想、論説

     海軍兵学校・海軍機関学校・海軍経理学校」

                    @ 鎌田 善弘

    思い出すまま          @ 木村 一郎

    雑 感             A 阿部源次郎

    私の反省と願い         B 中村 為人

    いい答えはいい質問から     B 原  壽雄

    余生の在り方          C 成川 菊雄

    無 題             C 橋本 榮一

    黄 昏             C 引地 文昭

    三七会に寄せる思い       D 片岡 泰昌

 野口英世博士のことども     D 佐藤 守雄

 所感―海経の跡を訪ねて     D 高橋  清

 幸せを求め、愛に生きる     D 武藤 雪下

 西洋のこころ と 日本のこころ E 石川 衛三

 夏の日に思う          G 北渡瀬良彦

 海経と簿記会計         J 佐野 英雄

 迷走する日本・その国民感情   K 中瀬 直明

 旧海軍雑感           O 清木 尚芳

 靖国神社参拝問題と戦没者の祟り P 安藤 鉄也

 偶 感             P 木村 延彦

 これからの十一年        P 三田 義雄

 アジアと日本への思い

    ―東南アジアとの学術交流から― P 山本  出

 

七 趣味、旅行等

    詩人と酒            @ 佐藤 武司

    歌あれこれ           A 川崎 友則

    五十八年振りの韓国旅行     B 市川 幸平

    欧州かけある記

―ワイン工場見学―       B 宮井 嘉則

    私のレール&ウォーク(中締め) D 東  正恒

    私のスタンプ帖         J 山上 博雅

    オリエント急行に乗車      L 宮内 英夫

    私の菜園日誌          N 森  賢司

    定年後の作陶          O 川村 忠友

 俳句三昧の日は何時に      P 伊富貴徹二

 

八 ご遺族から

    縁         @吉松 博夫人 吉松  鞠

海軍思い出すまま

―夫との来し方の記―A畠山 力夫人 畠山 恒子

    夫・逝く      B鈴木達正夫人 鈴木 孝子

    主人との思い出   D西村是一夫人 西村 光子

    思い出のくさぐさ  K浜崎正信夫人 浜崎小枝子

    思い出すことなど  M松井邦彦夫人 松井 澄子

    山を愛し癌と闘った夫N片山 潔夫人 片山 禮子

    昭和を駆けぬけた夫 N由良 巌夫人 由良 華子

    花に偲ぶ      Q小泉忠道夫人 小泉 洋子

 

九 還暦時の寄稿文

   以下の寄稿文は、筆者が還暦時に執筆され、かつて「三七会だより」に掲載されたものを再録したものであります。

    あの頃の食べ物断片       @ 高尾 壽郎

    還暦を迎えて          A 大竹 邦夫

    雑 記             C 飯野 洋二

    戦後からの還暦         C 梶田 文男

    私の盲腸            C 篠塚 清志

    還暦にあたり戦後四十年の歩みを顧みて                    C 成川 菊雄

    還暦を迎えて          D 小林 義一

    あの日 一生忘れない日の思い出 D 鈴木 章友

    還暦の年に思う         D 蓮井 昭雄

 昔を振り返って         D 畑 美佐雄

 こだわりの還暦         D 山口 五郎

 大陸と海と           D 吉田 俊彦

 いま、思うことども       E 一谷  彊

 判断の基準           E 皆川 正雄

 海軍手帳            F 今西 洋三

 私的英国学           F 釘丸 保男

 還暦を迎えて          F 増田  勝

 還暦を迎えて          G 井手  孝

 三号生活と私          G 神崎 勝巳

 還暦を迎えて          G 斉藤  孝

 回想、そして明日なく      K 鎌塚 五郎

 国際化・国際人         K 田島嘉一郎

 還暦を迎えて          M 小原 雅美

 よろしく随想          O 榊原 章智

 ご挨拶             O 西澤 潤一

 第三の人生を迎えて       P 伊藤 昭三

 還暦を昨年過ごした今日のこと  P 黒田  寛

 戦後四十年を顧みて       P 中村 明治

 思いつくまま          Q 伊賀上郁夫

 

 海軍主計科と海軍経理学校     @ 水谷  弘

 

 

御楯橋をわたって 総目次へ戻る      執筆者五十音別索引へ